2017年03月28日

【雑記】100均・蓄光パウダー実験@

DSC02334.JPG
Twitterの方で「実験してまとめる」と書いてしまったのでしっかり形にしておきます。
最近100円均一ショップ「キャンドゥ」で見つけたネイルアート用の蓄光パウダーについてです。

IMG_0400.JPG
IMG_0398.JPG
(1枚目がパッケージ写真、2枚目がブラックライト10秒程度照射後室内灯を消灯した写真)
1本108円(税込)でグリーン、ブルー、オレンジの全3色。
蓄光以外に同じシリーズのラメのパウダーもありましたが今回はスルーしました。

数年前にエポキシ系のクリアレジンに「ルミパウダー」という商品を混ぜて蓄光樹脂をその場のノリで作ったことがありますが、ルミパウダー自体が高価で取扱店舗も少ない為、積極的に使おうとは思わず今に至ります。もし100均で同様のものが入手できれば、もっといろいろなことに使えるのではないかと思い実験してみました。


DSC02324.JPG
今回はエポキシ系のクリアレジンを切らしていたので、UVレジン(ハードタイプ・透明色)とウレタン系無発泡の一般的なレジンキャスト(ボークス・白)を使って星型のシリコン型で成形したものを数種類用意しました。
UVレジンの方は色の濃淡を調整できないかと色付きの透明色のUVレジンを使ったり、染料系の塗料を混ぜたりしたものも用意しています。
また、パウダー同士を混色できないかとオレンジとブルーを混ぜたものも用意してみました。
見た感じヤバそうな色ですが…
※1)少量売りのUVレジンを使用した為、パウダーと樹脂を分量比で量ることができませんでした。一応「レジン1滴につきパウダーのボトルを一振り」としていますが分量に若干ムラがあります。
※2)UVレジンの元の色は右最前列をご覧ください。
チェリーピンクのみ星を抜く前に使い果たしたので別の部品で代用しています。

DSC02325.JPG
まず室内等を消してブラックライトを照射します。
使っているブラックライトが小さいので満遍なく照らすのが難しかったのでライトを動かしながら全体に30秒
程照射しました。

DSC02326.JPG
ブラックライトを消しました。含有量に多少ばらつきがありますが、どれもしっかり光っています。
照射前に一番おぞましい色をしていたアレが一番強く光っていますね…
(実は元々オレンジとブルーを1:1で混ぜていたのですが今よりもっとヤバい色だった為急遽オレンジを足したという裏話があったり…)
徐々に光は弱くなっていきますが、10分程度は暗所でしっかり確認できる程度には光り続けました。
(余談:この実験の30分後に就寝したのですが、その時グリーンを混ぜたものはほんのりと光が残っていました。)

以上、ネイル用蓄光パウダーの実験でした。
参考になるかはわかりませんが、一先ず
・UVレジンに混ぜると手軽に蓄光成形ができる
・白であれば不透明のレジンでも蓄光成型ができる
・多少色を混ぜる細工をしてもしっかり蓄光として機能する

ということは分かりました。
面白い素材なので、今後も何か思いついたら実験してみようと思います。
posted by SHR_Яyo at 22:00| Comment(0) | 未編集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: