2011年03月16日

【日記】少し冷静になるべき

引っ越し業者から正式にキャンセルの連絡が来ました。
この状況だし仕方ないね。

帰ってきてからネットの色々な所を見ました。

こういう時だから余計に感じるけど
「独善的な人々の価値観の押し付け合い」を見てて嫌になってくる。
例えば
「多額寄付した企業を好評価する」と同時に
「寄付しないorした事を公表しない企業を批判する」者がいる。
これらは別の次元の話だろう?
公表しないで寄付する企業の存在を視野に入れると
「何千万円寄付した」とか告知している方こそ「売名か」と思われてしまいそう。

「こんな時に芸人が騒ぐバラエティ流すとか不謹慎だろ」に対して
「ただニュースを流して待つだけだと被災者、特に子供を不安やストレスに押し潰してしまう」
だったり価値観と価値観のぶつかり合いは色々な話題で起こりうる。

特に「募金」と「応援」とかはひどいね。
「応援など何の科学的生産性もない」「募金だけが支援じゃないだろう」とか
客観的に聞いたらどちらも理解できるし、独善的な人々のだと論争になるのは仕方ない。
だけど何でこの後に話題逸れた人格否定とかになっちゃうかな?
結局は自分の正義を押し付けたいだけなんだろ?
本当は被災者なんてそこまで大事じゃないんだろ?
と思えてくる。
こんな事をtwitterやmixiにでも書いたら、今度は2対1で俺が叩かれるんでしょうねw

考えなんて人それぞれなんだよ。
被災者だって激励を受けて
「こんなに応援してくれる人々がいるんだ、頑張ろう」と思う人もいれば
「恵まれてるから軽々しく言えんだよ、同じ暮らししてみろよ」って思う人もいるし
行方不明や亡くなった家族や友人の事でそれどころじゃない人もいるだろうよ。
こんな時に物資に恵まれている人々が揉めてる方が被災者に失礼だわ。
反社会的な行為でない限り、各々ができることをやれば良いだろう。
ラベル:東日本大震災
posted by SHR_Яyo at 22:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: